スキーをやってみよう!初心者でもできるコースの選び方

最低限必要な条件とは

スキー場には、いくつかのコースが用意されています。
必ず確認して、初心者向けのところを利用してください。
初心者コースがあることを、最低限の条件にしましょう。
また初心者コースがあっても、狭いところではいけません。
狭いコースで滑っていると、障害物や他の利用者にぶつかってケガをする恐れがあります。
初心者は、障害物があることに気づいてもうまくよけられないかもしれません。
広いコースの方が、安全に滑ることができます。

斜面が、なだらかなコースを選択すると良いでしょう。
慣れていない人が急斜面で滑ると、ケガをする恐れがあります。
初心者コースがあるスキー場でも、斜面が急なことが多いので必ず確認してください。
ホームページを見ると、詳しいコースの情報がわかります。
また、道具のレンタルができるかも記載されています。
スキーの道具を一式揃えると、かなり高額な金額になってしまいます。
年に数回しか行わないなら、レンタルで済ませた方が経済的です。

休憩所までの距離も、重要だと言われています。
滑っていると、思いのほか体力を消耗します。
休憩所が遠かったり狭いところでは、身体を休めることができません。
疲れたらすぐ休めるように、休憩所がコースの近くにあると良いですね。
広い休憩所だったら、たくさんの人がいてもストレスなく身体を休められます。
初心者でも、練習すればすぐに上達できます。
上級者コースに行けるように、頑張って練習しましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る