>

ケガをしないように取り組もう

どのようなコースがあるのか

近場にスキー場があっても、初心者コースがない場合は避けてください。
初めてスキーに挑戦する人や、慣れていない人はきちんと初心者コースで練習しなければいけません。
初心者コースは、みんなが安全に滑ることができるように考えて設計されています。
上級者コースは少し難しいので、危険だと覚えておきましょう。

コースの確認を済ませてから、どこのスキー場に行くか決めましょう。
訪れてから初心者コースがないことに気づくと、時間と体力の無駄になります。
また子供が一緒なら、キッズコースがあると良いですね。
キッズコースは初心者コースよりも簡単な作りになっているので、家族で安心して滑ることができます。
注意しないと、ケガをする恐れがあると忘れないでください。

ぶつからないように

障害物にぶつかったり、他の人と事故を起こさないように広いコースを選択してください。
スキー場の3割ほどが、初心者コースだと広いと言えます。
祖それ以下のサイズのコースで滑っていると、ケガをする危険性があります。
人とぶつかって相手にケガをさせてしまったら、こちらが悪いことになります。
治療費などを支払わなければいけないので、無駄な出費が増えます。

するとスキー場の思い出が、楽しくない物になってしまうでしょう。
正しくスキー場やコースを選択していれば、楽しく安全に取り組めるウィンタースポーツです。
トラブルが起きないように、慎重にスキー場を探してください。
適当に決めたり妥協しないで、納得できるまで諦めてはいけません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る